信用取引って何?

信用取引には2つの方法がある


信用取引とは自分の資金や株式を担保に、証券会社からお金を借り、手持ち資金以上の株式投資を行うことです。担保は委託保証金と言い、借りるお金の30%以上が一般的です。つまり委託保証金の割合が30%であれば手持ち資金の約3倍の額で取引ができ、得られる利益も約3倍となります。しかし株価が下がってしまった場合には、損失も約3倍となるため注意が必要です。
信用取引では証券会社から株券を借り、売りから取引することもできます。これは空売りと言い、株価が下がれば下がるほど利益が生じる取引方法です。空売りではまず借りた株券を売ります。そして株価が下がったところで株を買い戻し、株券を証券会社に返します。売った値段から買い戻した値段を引いた分が利益です。

信用取引をする時の注意点


信用取引をする際には取引手数料の他にも費用がかかります。お金を借りる場合には買方金利が、株券を借りる場合には貸株料が発生します。また信用売では貸株に対する追加コストとして品貸料が必要になることもあります。このように現物取引にはないコストが生じることを認識した上で信用取引をするようにしてください。
次に追証が発生するケースについて説明します。信用取引では委託保証金を差し入れますが、信用取引で買った株が下がり、含み損が発生すると、委託保証金から含み損の金額が差し引かれます。その不足分を補うために追加で保証金が必要となることが追証です。保証金を差し入れることができない場合には、証券会社で自動的に決済されてしまいます。