初めての!信用取引

信用取引は資金以上の投資が可能です


信用取引は株式投資の場合、口座に預けた証拠金を使って大きな取引が行えるものとなります。現物取引とは異なり、資金の3倍までの株式を購入できるわけです。大きな利益を得られる反面、損失もそれだけ大きくなるので注意が必要です。さらに信用取引は決済日が決まっているので、それまでに決済をしておく必要があります。対応している銘柄とそうではないものとがあることにも注意が必要です。また信用取引を利用することで、株式を購入するだけではなく空売りもできるようになります。これは株式市場全体が下落すると予測する時に行うことで、株価の下落による利益が得られるものです。株式を借りて市場で売却し、株価が下がったところで買い戻すので差額が利益になります。

信用取引でリスクヘッジが可能


リスクが増えるという印象のある信用取引ですが、上手く活用することでリスクヘッジを行うことができます。例えば現物株を保有して配当金を得ている場合、同じ銘柄を空売りすることで値下がりリスクを回避できます。その上で配当金を受け取り続けることが可能となります。さらに下落相場でも利益が出せるようになるので、積極的に収益を確保したい場合には空売りで稼ぐことも可能です。ただし空売りには規制があり、相場の下落場面では新たにポジションを建てることはできなくなっています。また決済までの期間が定められているので、ポジションを持ち続けるためには乗り換えという作業も必要になります。これは手持ちの信用取引を一旦決済して、新たにポジションを建てることを意味します。